任意売却の相談は東京都認証NPO法人任意売却サポートテラスへ!マンションの任意売却専門のNPO法人として任意売却の無料相談を受け付けています。 住宅ローン延滞・滞納・破綻、自己破産、競売通知が来た、等のお悩みはぜひご相談ください。

親子間売買

  • HOME »
  • 親子間売買



スポンサードリンク


親子でまたは親戚に買い取ってもらい賃貸で借りる

住宅ローンの返済が困難になる。しかし、マンションを手放したくない。その場合、親、子、配偶者などの方に資金を調達していただいて、買い取ってもらい、賃貸で住む。

親子間で売買契約締結

抵当権者に返済・抵当権解除・所有権移転登記

賃貸借契約締結・そのまま住み賃料を支払う。

ただし、親・子・配偶者の方が資金調達のために住宅ローンで組む場合は、融資してくれる銀行がネックになります。

それは、一般的に銀行が住宅ローンを融資する際には保証会社が借り入れ本人を保証することで銀行が融資をしますが、その保証会社の保証が取り付けられないのです。なぜなら、保証会社には、親子間、配偶者との不動産の売買はイレギュラー、通常ありえない、極端にいえば反社会的、何か怪しい取引とみなされるからです。

しかし金融機関によっては、借り入れ本人の属性、信用状況、物件の担保価値など保証会社にも認識されている、などの条件が具備していると判断された場合、通常の住宅ローンと同じように親子間などの売買に対しても例外的に融資を受けられる場合もあります。

一か所の銀行で断られても諦めずに何件かの銀行にあたってみてください。または、不動産業者に仲介手数料を支払って「不動産業者提携ローン」でローンを組む途もあります。

また、税務署のチェックが入ることもあるかもしれませんので、譲渡金額は、安すぎず、高すぎず、実勢価格に近い金額にしておきます。

女性案内メールによる相談は無料です。お気軽にご相談ください。
お問合せフォームはこちら

スポンサードリンク


お気軽にお問い合わせください TEL 03-6429-8520 受付時間 10:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © NPO法人任意売却サポートテラス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.